トップページ > いちじく紹介

イラン産ドライいちじくは自然な甘さが特徴で日本でも栄養は高いドライフルーツとして人気上位の商品です。

ドライいちじく【ホール、ダイス、ハーフカット】

いちじくとは?

いちじくはペルシャ地方(イラン)を原産とし、紀元前2800年前からメソポタミア地方で栽培されている栄養価の優れた果実です。紀元前から伝わる砂漠の「栄養補給食品」として知られており、健康美容食品として世界的でも人気の高いドライフルーツです。

いちじくの特徴

・1粒にミネラル・ビタミン等の「バランス栄養食品」
・食物繊維とマグネシウム、カルシウムやカリウム等を含み「おなかすっきり!」
・単糖類だから燃焼しやすい(ブドウ糖・果糖)「即効エネルギー」
・ホールフードとして皮も実も種も食べられる

なぜいちじくが良いのか?

食物繊維を多く摂取する国では、癌や心臓病の発生率が低いと言われます。

さらにアメリカ、ジョージワシントン大学医療研究所所長のオリバーアラバスター博士によると、結腸ガンの予防に効果的と言われる不溶性食物繊維と、血中コレステロールを下げると、又水溶性食物繊維の両方を同時に摂取することが、乳ガンや結腸ガンの予防につながることを示唆していると発表しました。教授は、不溶性、水溶性の食物繊維を摂取するためには、その両方を豊富に含むドライいちじくを食べることが大切である」と述べています。

いちじくには他、リン、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、ビタミンA.D.B群など、不足しがちなビタミンやミネラルが豊富に含まれており、美容、健康、ダイエット補助などに、バランス栄養食品として愛用されています。

いちじくの栄養について

・タンパク質は豆乳の約1.4倍

・カリウムはオレンジの約7倍
・食物繊維はバナナの約11倍
・カルシウムはプルーンの7倍

・他、マグネシウム、鉄分、ビタミンB群等々

(可食部100g当たり ※日本食品標準成分表七訂より)


こんな方におすすめ

登山、マラソン、その他スポーツ、勉強や仕事の合間の栄養補給にも欠かせないフルーツです。
・スポーツ前後の栄養補給に
・忙しい朝食、昼食、夜食に
・美容・健康のために 

・勉強やお仕事の合い間に

収穫のこだわり

イラン産いちじくは昔ながらの伝統的方法により手作業で収穫されます。樹上乾燥後、農家が丁寧で手間をかけた手作業の収穫は行われる。機械収穫による樹のストレスや、土場落下の衛生的リスク及び砂の混入の恐れ等を軽減します。


ISO、HACCP、FDA、HALAL

いちじくの加工工場



※いちじく以外の商品ラインナップはこちらのページよりご確認下さい。

商品のお取り扱いについて、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせは、こちらのページから承っています